船舶免許

ボート免許を取るなら1級か?2級か?と、よく相談されるのですが、果たして現在は1級の取得者が多い傾向にあります。
一つに、航行区域の制約。
瀬戸内海は四国や九州への航行が容易で、眼前に島影が見えるのに2級では沿岸から5海里(約9.3km)を超えられない制約があります。
ちなみにUBEマリーナを出航して北九州空港を目指せば、ものの30分で着くのですが、それでも15海里(約27.8km)あるのです。
そもそも、5海里地点には当然線など引いていません。有るのは海、海、海です。
気づかずともその線を超えれば、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金となります。知らなくても、見えなくても問答無用なのです。
1級になると、乗っているボートの航行区域内であれば制限はありません。
もう一つに、海図知識の有無が挙げられます。
これは、地図として観る知識だけでなく、航法としてルートの計算や作図ができるかというものです。
昨今はGPSや地図の描画技術も進歩しましたが、その能力は使う側の知識に左右されます。
なにせ海には道が無く、ろくに人もおりません。

主にはこれらの観点から1級の受講をお勧めしておりますが、どちらをお選びになるかはあなた次第です。

UBEマリーナで受講をお申込いただけるボート免許の種類

種類

操船できる船

航行可能区域

受講可能年齢

1級

総トン数20t未満

外洋(注1)

満17歳9ヶ月(注2)

2級

総トン数20t未満

平水区域及び海岸から5海里(約9km)以内

満15歳9ヶ月(注2)

特殊小型

水上オートバイ

海岸から2海里(約3.7km)以内

満15歳9ヶ月(注2)

注1)動力船で陸岸より100海里以上出る場合は、6級海技士(機関)以上の乗船が必要。ボートの大きさによって船舶検査の際に航行区域が決められる為、1級免許でもボートによって操船できるエリアが違います
注2)18歳未満の方は若年者限定(総トン数5㌧未満限定)が付されます。(18歳の誕生日になると自動的に限定解除されます)

どの免許を取得するかお悩みの場合・・・

ボート免許か特殊小型かで悩まれる方は少ないでしょうが、よくあるのが、1級か2級かという質問です。ズバリ、通常は2級で十分です。注1にもある通り、操船する船にも検査上航行区域が決められているので、1級免許であってもどこでも行ける
わけではありません。とりあえず免許がホシイ!方には2級をお勧めします。後に1級進級コースを受ける事もできますので。ただ、受講料が25,860円しか変わらないので、時間に余裕があれば1級をお勧めします。(1級は2級と同じ講習のあと翌週土日2日間学科講習があります。)

免許教室受講資格

①年齢:上記の通り(2級は満18歳になるまで5トン限定となります。) ②乗船履歴:不要です ③身体検査に合格すること

検査項目

合格基準

視力

両眼とも0.6以上(矯正でOK)
※一眼が0.6に満たない方は下記の2点を両方満たしていれば合格
●他眼の視野が左右150度以上
●他眼の矯正視力が0.6以上

弁色力

不安のある方は事前にご連絡ください。

聴力

両耳ともに5メートル以上の距離で耳語を弁別できること
(補聴器の使用可)

その他

不安のある方は事前にご相談下さい。

項目 カテゴリ 金額
免許講習 1級 156,290
免許講習 2級 130,430
免許講習 特殊 78,050
免許講習 進級 46,370
免許講習 更新 9,690
免許講習 失効 18,940
免許講習 現地写真撮影 850