ボート免許

ボート免許取得相談でよくあるのが、1級か2級かという質問です。通常は2級で十分です。操船する船にも検査上航行区域が決められているので、1級免許であってもどこでも行けるわけではありません。とりあえず免許がホシイ!方には2級をお勧めします。 後に1級進級コースを受ける事もできますので、免許の更新時期に合わせて1級へステップアップできます。

受講をお申込みいただけるボート免許の種類

種類 操船できる船 航行可能区域 受講可能年齢
1級 総トン数20t未満 外洋(注1) 満17歳9ヶ月(注2)
2級  総トン数20t未満 平水区域及び海岸から5海里
(約9㎞)以内
満15歳9ヶ月(注2)
特殊小型 水上オートバイ 1級海岸から2海里(約3.7㎞)以内 満15歳9ヶ月(注2)

注1)動力船で陸岸より100海里以上出る場合は、6級海技士(機関)以上の乗船が必要。ボートの大きさによって船舶検査の際に航行区域が決められる為、1級免許でもボートによって操船できるエリアが違います。
注2)18歳未満の方は若年者限定(総トン数5㌧未満限定)が付されます。(18歳の誕生日になると自動的に限定解除されます)

どの免許を取得するかお悩みの場合・・・

ボート免許か特殊小型かで悩まれる方は少ないでしょうが、よくあるのが、1級か2級かという質問です。通常は2級で十分です。上記の図(マリノア周辺海域)にもある通り、2級でも壱岐や呼子に行け、5海里の海域は沿岸からですので、極端な話、2級免許でも日本一周クルージングも可能です。ただし、操船する船にも検査上航行区域が決められているので、全ての船で行けるわけではありません。2級免許でも十分に楽しめますので、とりあえず免許がホシイ!方には2級をお勧めします。

免許教室受講資格

①年齢:上記の通り(2級は満18歳になるまで5トン限定となります。) ②乗船履歴:不要です ③身体検査に合格すること
検査項目 合格基準
視力 両眼とも0.5以上(矯正でOK)
※一眼が0.5に満たない方は下記の2点を両方満たしていれば合格
・他眼の視野が左右150度以上
・他眼の矯正視力が0.5以上
弁色力 不安のある方は事前にご連絡ください。
聴力 両耳ともに5m以上の距離で耳語を弁別できること (補聴器の使用可)
その他 不安のある方は事前にご相談ください。

免許教室取得方法

①国家試験受験コース
合格率98%以上の合格率を誇るマリノア主催のボート免許教室
2級:85,000円(オススメ)
1級:99,000円
進級:33,000円
 
②国家試験免除コース
国家試験免除ですが、国家試験と同じ試験があります。
JEIS西日本主催の養成教室
2級:129,700円
1級:154,400円
進級:46,300円
 
③更新・失効
更新:10,000円
失効:16,000円